肥満の象徴とでも言うべき中性脂肪を減らすために

人間を動かすエネルギー源となる中性脂肪。

食物から摂取した脂質は、小腸より血液中に取り込まれ、私達人間を動かすためのエネルギーとして利用されます。しかし、そこで消費しきれなかった脂質は、中性脂肪として体内に蓄えられます。いわゆる贅肉と呼ばれる、肥満の象徴とでも言うべきものです。

もちろんこの中性脂肪は、私達が生きていくために必要なもので、エネルギーが必要となった時のいわゆる貯金箱のような役割があります。しかしその中性脂肪も、沢山蓄えすぎると健康上大きな問題を生み出します。

中性脂肪が増え過ぎた時のリスク

必要以上の中性脂肪を蓄えてしまうと、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病にかかるリスクが増えると言われています。過剰な中性脂肪は善玉コレステロールを減らし、逆に悪玉コレステロールを増加させます。

悪玉コレステロールは血管に血管壁を作り、動脈硬化のリスクを高めるため、脳梗塞や心筋梗塞を招きます。また、肝臓に中性脂肪が溜まってしまうと脂肪肝という状態になります。これは肝硬変や肝臓ガンのリスクを高めてしまいます。

中性脂肪が増える原因

基本的に食べ過ぎが最大の原因になります。肉好きで野菜を食べない、よく深夜に食事を取る、甘いものを好んで食べるといった傾向があると中性脂肪は増えます。また、アルコールを頻繁に飲むと中性脂肪が増える原因となります。

アルコール自体にも中性脂肪が増える要因が多少ありますが、それ以上に肝臓でアルコールが水と二酸化炭素に分解される際に、中性脂肪を合成する酵素を発生させるのが原因となります。

中性脂肪を減らすには

規則正しい生活が中性脂肪を減らす最大の手段と言えます。つまり食生活の改善、適度な運動です。特に食事に関しては、中性脂肪を減らす食材がいくつかあります。例えば青魚に含まれるDHAやEHAは血液をサラサラにするオメガ3脂肪酸が中性脂肪を下げる役割を持っています。

同じく血液をサラサラにしてくれる成分、納豆キナーゼを持つ納豆も血栓を溶かす効果があり、中性脂肪によって引き起こされる病気のリスクを下げてくれます。その他、脂質を固めて排出させるケルセチンという成分を持つ玉ねぎ、血糖値やコレステロール値を抑制するアルギン酸という成分を持つ海藻類など、私達の味方になってくれる食材が数多く存在するので、バランスよく摂取して中性脂肪を抑制する手段として活用できます。”