効率的に楽しく、無理をせずにダイエット

ダイエットには食事制限も必要ですが、運動をすることで脂肪を燃焼することが大切です。

脂肪を燃焼するためには、有酸素運動が有効です。

しかし、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動はなかなか時間が取れない方も多いのではないでしょうか。有酸素運動は脂肪が燃え始めるまでに時間がかかるため、できるだけ長い時間行いたいものなのです。

サーキットダイエットは、たった3分行っただけで、ウォーキングを30分以上行うよりも効果があると言われています。サーキットトレーニングとも言われ、アメリカでもブームになったダイエット方法なのです。

効率的に楽しく、無理をせずにダイエットできます。

日本でもジムなどでも取り入れられ、ダイエットや健康維持のための方法として人気を集めています。サーキットダイエットは、有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことでダイエット効果を高める方法です。

ジョギングなどの脂肪燃焼効果の高い有酸素運動は、ダイエットや健康維持に推奨されているものです。無酸素運動とは、筋トレなどの運動のことを指し、直接脂肪を燃焼することはできませんが、基礎代謝を高めてくれます。

基礎代謝がアップすれば、エネルギーを消費しやすい体となり、寝ているだけでも痩せる体になると言われています。ダイエットでも有酸素運動だけでなく、無酸素運動を取り入れることでより効果を高めることができるのです。

有酸素運動の前に無酸素運動を行えば、より効率的に脂肪を燃焼することができます。ただ、有酸素運動と無酸素運動を毎日長時間行うのは時間の余裕もなく、体力的にもきつい方も多いことでしょう。

ダイエットのためとはいえ、あまりきつい運動は体によくありません。その点、サーキットダイエットなら、短時間で運動を済ませることが可能なのです。
サーキットダイエットのやり方は、無酸素運動を30秒、有酸素運動を30秒、このセットを3サイクル、運動の間を空けずに合計3分間行うのが基本のやり方です。運動を行う時は、まずは無酸素運動から始めるようにしましょう。

これを1日に1セットで、余裕がある方はどれだけでもやっていただいても構いません。ただ、3分とはいえ、運動に慣れていない方は意外ときついものなので、体と相談して十分に体調管理を行いながら、続けていきましょう。

有酸素運動、無酸素運動の運動内容は特に決められていません。ジムでやる場合なら、器具などを使って行われますが、自宅でも工夫して簡単に行うことができます。

例えば、有酸素運動を足上げやその場でジャンプするようなウォーキングやジョギングなら場所を取りません。無酸素運動は、自分の鍛えたいところ、部分痩せしたい場所の筋トレをするのもいいですね。

サーキットダイエットは、外に出ることもなく、器具を揃える必要もなく、自宅で簡単に行うことができます。時間帯も特に決まっていないので、自分の生活スタイルに合わせて好きな時間に行っていきましょう。

サーキットダイエットのいいところは、疲れが溜まりにくいこともあります。普通筋トレを行えば、少しの時間でも体に疲労物質が溜まってしまいます。しかし、サーキットダイエットなら、体に疲労物質が溜まる前に運動を切り替えるため、効率的に運動ができ、運動の効果を高めてくれるのです。

サーキットダイエットは、自分でメニューを決め、運動の時間を増やしていくことも可能です。ただ、疲れが溜まりにくいからと言って、無理は禁物です。自宅でトレーニングをする場合はまず自分がどれだけの運動ができるかを把握してから行いましょう。

そして、運動時間を増やしていく場合は、血圧や心拍数などをきちんと管理していくことも大切ですね。サーキットダイエットは、心肺機能を高め、持久力もつけてくれるので、無理せずゆっくりと体力を高めていきましょう。

そして、サーキットダイエットのやり方のポイントは、リズミカルに行うことです。効率的に楽しく、無理をせずにダイエットを成功させたいですね。